Instagramショッピング機能導入・設定方法マニュアル

Instagramショッピング機能とは?

「ショッピング機能(別名「Shop Now」)」は、これまで投稿毎にURLリンクの設置ができなかったInstagramにおいて、投稿画像からECサイトに直接リンクする「製品タグ付け」が可能になった新機能。それによりInstagram内で商品を紹介するだけでなく、ユーザーを興味が高い状態で、購入画面までシームレスに誘導することが可能になりました。

 

米国では日本に先駆けてInstagramショップ機能がローンチされ、日本でも下記5つのテストアカウントを皮切りにInstagramからの要件を満たせば、全アカウントでショッピング機能が使えるようになりました。

(参照元:https://netshop.impress.co.jp/node/5500)

 

早速導入、活用している企業・アカウントを見ながら、「導入したいけど、調べてもよく分からない…」となかなか導入への一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、Instagramショッピング機能導入に必要な設定方法を公開します。

是非、みなさんの社内でも参考、活用頂ければ幸いです。

(もし良ければ記事のシェアや内容に関するフィードバックを頂けると嬉しいです)

 

■導入できるのにしない!というのはもったいないショッピング機能

20~30代女性のうち約50%がSNSきっかけで商品を購入したことがあると回答しています。

これまでのInstagramでは商品を「発見」してから、「検索」→「購入」というアクションを起こさなければいけませんでした。

しかし、このショッピング機能では「発見」→「購入」とシームレスな誘導を可能にしています。

消費者の検索行動の熱を冷まさずに購入までつなげるショッピング機能の導入で、これまで興味を持ったが購入までには至らなかった消費者へのリーチがますます望めるのではないでしょうか?

 

■機能詳細

特徴1)アカウント内に「ショップ」が登場

製品タグ付き投稿が9投稿以上されたアカウントには、「ショップ」が表示。ショップ内には製品タグ付き投稿がまとめて表示される。

特徴2)複数商品の同時訴求が可能

1画像毎に最大5点まで製品タグを付けることができる。(複数の画像を使用した投稿には最大20点)

特徴3)Instagram経由売上貢献度が可視化

製品タグ付き投稿のインサイト画面からは、投稿を通じての購入者数が確認できる。

 

①「ショッピングバッグアイコン」が付いた投稿を選択

② 製品タグ(商品名と価格が書かれたタグ)を選択

③ 表示された商品詳細ページで「ウェブサイトを見る」を選択

④ 外部ECサイトに遷移し、購入が可能

 

 

■導入条件

ショッピング機能には利用審査があり、以下の条件を満たすアカウントが審査を受けることができます。

<条件1> ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している

▸ コマース製品提供者契約:https://www.facebook.com/legal/commerce_product_merchant_agreement

▸ コマースポリシー:https://www.facebook.com/policies/commerce

<条件2> Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである

<条件3> Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている

<条件4> Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している

(あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する)

条件2-4を満たしていない場合は次頁を参照のうえ、必要な設定をしてください

 

■導入方法

■ショッピング機能の設定

Instagramショッピング機能を設定する際には、まずFacebookより製品をカタログ登録しましょう。

①ショップセクションを追加(自社のFacebookページを開いてください)

(1)設定を選択

(2)ページを編集を選択

(3)タブを追加を選択

(4)ショップを追加

 

追加をしたら、Facebookページのホームに戻ります。

(5)ショップを選択

※(4)で追加が完了していると現れます。

(6)ショップセクション設定画面に推移

(7)利用規約及びポリシーをよく読み、同意にチェックを入れる

(8)次へを選択

(9)購入方法の「別のウェブサイトで清算」を選択

※ECサイトへの遷移設定になります。

(10) 次へを選択

11) 価格表示の設定で日本円を設定

(12) 保存を選択

 

以上でショップセクションの設定は終了です!

自動で次の画面に推移するので設定を続けていきましょう。

 

②ビジネスマネージャカタログを設定

(1)製品を追加を選択

 

(2) 写真を追加

(3) 商品名を入力

(4) 価格を入力

(5) セール有無を選択

(6) 説明を入力

(7) チェックアウトURLに決済ページを入力

(8) ページでシェア・プライバシー設定

(9) 保存を選択

※上記をショッピング機能で追加したい商品毎に繰り返していきます。

 

こちらは記入イメージになります。

 

カタログに追加を繰り返し、Facebookからの承認が下りるのを待ちます。

カタログ追加が終了したら早速Instagramに反映させましょう。

 

③④Instagramアカウントのビジネスプロフィールへの移行&所有権のあるFacebookページとの接続

(1)「…(詳細設定)」を選択

(2) 「ビジネスプロフィールに切り替える」を選択

(3) 「次へ」を選択

(4) 「ページを選択」を選択

(5) 「自社のビジネスに合ったカテゴリ」を選択し、「次へ」を選択

(6) 「メールアドレス、電話番号、住所」のいずれかの情報を入力して、「完了」を選択

 

ここまでの設定が完了したら、再度Facebookからの承認を待ちます。

承認が完了すると、投稿に製品のタグ付けが可能になります!

 

■商品タグ付け方法

〈初期設定〉

① Instagramにログインして、「プロフィール画面」に移動

② プロフィールの上部にある「スタート」アラートを選択

(アラートが表示されない場合は、「オプション」を選択)

③「ショッピング」を選択

④「続行」を選択

⑤ Facebookで登録した製品カタログを選択して、ビジネスプロフィールにリンク

⑥「完了」を選択

※「ビジネス設定」で「ショッピング」が表示されない場合は、アカウントが審査中か、

Instagramショッピングが承認されていない可能性があります。

審査プロセスは通常数日で終了しますが、アカウントの詳細を審査する必要がある場合はそれ以上かかることがあります。

 

<投稿の流れ>

① 通常投稿時同様、投稿に使用する画像を選択

② キャプションやタグ付けする最終画面に「製品をタグ付け」が表示されるので選択

③ 投稿画像の中で、製品のタグ付けしたい部分をタップ

④ 事前にFacebookにカタログ登録した商品リストが表示されるので、タグ付けする商品を選択

⑤ タップ&ドラッグで好きな位置に製品タグを配置

⑥ 位置情報の下の「タグ付けされた製品をプレビュー」を押すと、

投稿前に製品タグ、購入ボタン、ECへの画面遷移、動作確認が可能

⑦ 問題なければ、シェア

 

以上でショッピング機能の導入が完了いたしました。

 

■注意事項

ショッピング機能を使う際には、以下にも注意が必要です。

①複数画像でInstagramショッピング機能を使用した際、投稿後タグ付けした製品の編集や削除ができません。

②Instagramから関連付けているFacebookショップ・カタログで製品を削除すると、その製品をタグ付けしたInstagram投稿からタグが削除され、インサイト情報も失われます。

③タグと製品詳細の情報は全世界のターゲット層に対しカタログの通貨と言語で表示されます。

ターゲット層について事前に把握し、ターゲット層に最も適した通貨と言語を含むカタログを使用することが重要になります。

④投稿のプレビュー・投稿の下書きを保存をするには、[タグ付け]と[製品をタグ付け]の下にある、投稿にキャプションを追加できるページで、

[タグ付けされた製品をプレビュー]または[下書きを保存]をクリックで可能です。

 

 

ショッピング機能の導入により、Instagramを運用する際には、より他アカウントとの差別化や、1投稿でユーザーの興味を惹きつける工夫が必要になってきます。

上記の導入方法でも上手くできない、導入したがあまり効果が見られない、運用のリソースがない…等ございましたら、お気軽にBOKURAまでお問合せください。

http://bokura.biz/contact/

※本記事は弊社独自調査内容の為、公式情報を確認次第随時更新していきます。

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人