「Twitterのタイムラインが時系列表示も可能に!」、「情報のストックにピッタリ!Twitterブックマーク機能」、「Twitterヘイト対策強化」BOKURA通信2018年9月号

 

2018年9月の「BOKURA通信」。

今月の担当、村山です。

9月は主にTwitter関連のトピックを中心にお届けします。

 

「Twitterのタイムラインが時系列表示も可能に!」

Twitterでは、2016年2月よりタイムラインの表示を、ツイートの時系列順ではなくTwitterアルゴリズムによってえらばれた「重要な新着ツイート」をトップに表示していました。

しかし、この変更はユーザーからは賛否両論あり、以前の時系列順に戻してほしいという声も多くありました。

そしてついに、2018年9月18日よりタイムラインの表示順をユーザーが選択できるようになりました!

 

時系列順に戻す方法は以下の手順です。

iPhone版アプリ

  • ホームからプロフィールアイコンをタップ
  • 「設定とプライバシー」をタップ
  • 「コンテンツ設定」をタップ
  • 「重要な新着ツイートをトップに表示」をオフ(スイッチが白色になります)

(画像参照元:https://apptopi.jp/2017/07/02/twitter-timeline/ )

 

Android版アプリ

  • プロフィールアイコンまたはナビゲーションメニューアイコンをタップ
  • 「設定とプライバシー」をタップ
  • 「コンテンツの設定」をタップ
  • 「重要な新着ツイートをトップに表示」のチェックボックスをオフにする

 

 

Twitterは、自身で何かを発信するというよりは、情報取集用に様々な興味あるアカウントをフォローし、タイムラインをチェックしている方が多いですよね。

時系列順の表示にすればツイートの閲覧がしやすくなり、これまでのアルゴリズムが使いづらかった方には待望の機能。

早速設定を変更してみましょう。

 

他にも、情報収集したい方にピッタリの意外と知られていない機能をご紹介いたします。

 

「情報のストックにピッタリ!Twitterブックマーク機能」

ツイートのブックマーク機能を使ったことはありますか?

この機能の一番のメリットは、他の人に通知がいかないことです。

 

ブックマークに追加する

  • タイムライン上で気になるツイートの一番左にあるアイコンをタップ(ダイレクトメッセージで共有・ブックマークに追加・その他の方法でツイートを共有が表示されます。)
  • ブックマークに追加をタップ

ブックマークに追加したツイートを確認する

  • ホームからプロフィールアイコンをタップ
  • ブックマークをタップ

 

Twitterメディア公式アカウントが動画で説明してくれているのがこちらです!

 

 

気になるツイートはいいね!でストックする方が多数ですが、フォロワーのタイムライン上に「○○さんがいいねをしました」と通知がでてしまうのが難点。

ツイートのブックマーク機能を使えば、自分だけのストックができます。

 

多くのアカウントをフォローしている方は、タイムラインをサラッと眺め、あとでじっくり確認したいツイートをブックマークしてみるのはいかがでしょうか。

 

「Twitterヘイト対策強化」

また、Twitterはヘイト対策を強化するため、直接的なターゲットを含まない場合でも、特定の集団のメンバーの誰かの人間性を否定する項目を暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシーに含め、拡大することを発表しました。

つまり、共通の特性、背景を持つ「集団」に対する暴言や攻撃も禁止となります。

 

主要なSNSの中でも「炎上」の起きやすいTwitterですが、より健全なやりとりを促し、ユーザーにとってもますます快適なSNSとなるはずです。

 

リアルタイムな話題が届きやすいTwitterをうまく活用し、溢れる情報の中から自身の興味のあることや知識向上に結び付けていきましょう!

 

 

 

参考:)

https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/company/2018/Creating-new-policies-together.html

https://apptopi.jp/2017/07/02/twitter-timeline/

http://news.livedoor.com/article/detail/15321350/

https://www.sankei.com/world/news/180926/wor1809260025-n1.html

 

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人