「SNS利用率はInstagramが躍進」「Instagram新機能『親しい友達リスト』とは?」BOKURA通信12月号

2018年12月の「BOKURA通信」
今月の担当、GOです。

今回はInstagramを中心としたSNSの利用動向について、各調査結果をまとめてみました。
Instagramの新機能についてもご紹介します。

■SNS利用率はInstagramが躍進

2018年度のSNS利用動向に関する調査結果[出典:ICT総研]によりますと、ネットユーザー全体に占めるSNSの普及率は75%の7,532万人だそうです。日本の総人口が1億2,645万人[出典:総務省統計局 平成30年11月1日現在(概算値)]ですので、10人に6人は何かしらのSNSを利用している計算になります。

グラフ:日本におけるSNS利用者数

▲日本におけるSNS利用者数[出典:ICT総研]

同アンケートによりますと、利用率で最も高かったのはLINEの80.8%、次いでTwitterの42.8%、Instagramの35.8%と続きます。

グラフ:主なSNSの利用率(2018年度)

▲主なSNSの利用率2018年度[出典:ICT総研]

グラフ:主なSNSの利用率(2017年度)>

▲主なSNSの利用率2017年度[出典:ICT総研]

上記2つのグラフは、今年度の調査と昨年度の調査結果のグラフを並べたものです。

LINEやTwitter、Instagramは利用率が昨年よりも向上し、FacebookやSkypeの利用率は低下しました。
注目いただきたいのはInstagramの利用率で、昨年の28.6%から7.2%増加しFacebookの利用率を上回ったことです。

これまで「若い女性向けSNS」という印象が強かったInstagramですが、徐々に変化があるようです。
昨年9月に発表されたSNS利用状況調査結果における、Instagramの性別・年代別利用者数[出典:ニールセン(2017年8月時点)]では、29歳以下女性が360万人で一番多く、続いて29歳以下男性219万人と、確かに若年層の利用が目立ちます。

グラフ:男女構成比・年代別利用率(2017年8月)

▲男女構成比・年代別利用率(2017年8月)[出典:Nielsen]

一方で、性年代別で増加率が最も高かったのは、女性50代以上の114%増、次いで男性40代の64%増、男性29歳以下の55%増となっており、高年齢層や男性にも急速に利用が広がっていることがわかります。

グラフ:Instagramアプリ 性年代別利用者数 前年同月比較

▲Instagramアプリ性年代別利用者数前年同月比較[出典:Nielsen]

続々と新機能を搭載させていることが、Instagramの利用を後押ししている要因の1つかもしれません。今年5月には人気の「ストーリーズ」にシェア機能が新たに追加されたことで、弱点だった拡散性が好転しました。

また、6月には「ショッピング機能(Shop Now)」が追加され、ユーザーは商品の発見から購入サイトまでの到達を、Instagram上にてワンストップでできるようになりました。

*Instagramショッピング機能導入・設定方法マニュアルはこちらをご参考下さい。

■Instagram新機能「親しい友達リスト」とは?

そして11月、「親しい友達リスト」機能が加わりました。
この機能によって、ストーリーズに投稿する写真や動画を限られたアカウントだけに公開することが可能になりました。

リストは1アカウントにつき1つのみ作成可能で、選択できるフォロワーの数に上限はなく、またリストを見ることができるのは、設定したアカウント本人だけとなっています。

設定方法は、プロフィール画面からサイドメニューで「親しい友達」オプションを選択し、リストに追加する友達アカウントを選択して完了をタップすることで作成されます。友達アカウントの追加や削除は可能で、相手へは通知されません。

「親しい友達リスト」設定画面

▲「親しい友達リスト」設定画面

「親しい友達」リストに追加したアカウントへストーリーズを投稿するときは、画面下部に表示される緑の星マークのアイコン「親しい友達」をタップすることでシェアが完了します。

親しい友達アイコン

▲ストーリーズ画面

企業アカウントをお持ちの場合、コアファン限定ストーリーズの配信など、マーケティング活動におけるInstagramの活用方法がまた1つ増えたことになります。

 

利用者も機能も変化し続けるSNSにおいて、その動向を継続的に把握しいち早く動き出せるよう、BOKURAでは引き続き情報共有していきたいと思います。

また、SNS、WEB構築、ファンマーケティングのことなど、お困りのことがございましたら、
BOKURAまでお気軽にご相談ください。

http://bokura.biz/contact/

 

<参考>

https://www.zaikei.co.jp/article/20181220/484849.html
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html
http://ictr.co.jp/report/20181218.html
http://ictr.co.jp/report/20171011.html
https://www.netratings.co.jp/news_release/2017/09/Newsrelease20170926.html
https://boxil.jp/beyond/a5879/

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人