[BOKURA通信2019年3月号] 「ハッシュタグでみんなに見つけてもらおう!」「Instagram、Twitter最新アップデート情報!」

2019年3月の「BOKURA通信」。

毎月のトレンドやトピックなど自由気ままにお届けしてまいります。

今月はyukaが担当します!よろしくお願いします!

 

■ハッシュタグでみんなに見つけてもらおう!

まずは、何につけても投稿を見てもらいたい!見てもらわないことには始まらないですよね。

その手段としてハッシュタグの選定がとても重要になってきます。

あまり人気のないタグをつけてしまうと、そもそも検索されずに投稿がただWEB上の亜空間を漂う事態にも…。

どうせなら人気のハッシュタグを使ったほうが人目に触れる可能性が上がります。

 

そこで!こういったツール(https://top-hashtags.com/instagram/)で人気のハッシュタグは調べることができます!

ただ、全世界対象なので英語が基本。

困りますよね…。まずは知ってもらいたいのは日本のお客様です。

 

そんな中、日本語ハッシュタグの調査がこれです!!

https://t-hsn.com/201812/instagram-tag-japan/

参照:【2019年版】インスタで人気の日本語ハッシュタグ<TOP100>を調べてみた

 

自社製品と関連性の高いタグは見つかりましたか?

もちろんそのタグをお使いいただくのも効果的かと思います!

ただ…、ざっと見ていただければお分かりかと思いますが、「猫」すごくないですか?

無量大数ほどあるハッシュタグの中から、1位 、3位 ねこ、22位 ネコ….。

こうなったら自社製品と猫をどうにか絡ませて投稿するのが一番得策なんじゃないか?!という気すらしてきます。

 

この結果を受けて、というわけではありませんが実際に実行している公式アカウントも…。

 

皆さんご存知のIKEAjapanさんの公式アカウント

https://www.instagram.com/ikeajapan/

 

写真投稿は平均が5000いいね。

多くても7000いいね。台ですが、可愛いロシアンブルーちゃんを投稿した際のいいね数は12,899いいね!!

https://www.instagram.com/p/BmaFjgdl4b3/  (2019年3月現在)

(残念ながら、こちらの投稿に猫タグはついていませんでした…。

ハッシュタグはカタログ関連のタグが3個しかついていないので外の新規のユーザーというよりは

フォロワーからのいいね。がさく裂した模様です。)

 

 

もう一件、おでかけ情報アカウント ことりっぷさん

https://www.instagram.com/cotrip_official/

 

4000いいね。~5000いいね。 の投稿が並ぶ中、#ねこ がついたネコパン投稿は8,208いいね!!

https://www.instagram.com/p/BoWDbAyAFKn/  (2019年3月現在)

 

ねこさん…。とっても有能な気がします。

上位人気のタグに寄せるもよし、人気のタグの中から親和性の高いハッシュタグがあればそれを使うもよし、

ぜひ沢山の投稿の中に埋もれない発信を心がけましょう!

もちろん、コアなファンやピンポイントに探してくれる方のため、また埋もれ撲滅のために、商品名やコアなハッシュタグをつけるのもお忘れなく…!(ハッシュタグは今のところ最大30個つけられます)

 

自身が使っているハッシュタグがどれくらい使用されているかを調べるツールもあります。

https://insta-tool.nu/

うまく組み合わせて投稿を多くの人に見てもらえるようにしたいですね!

 

■アップデート情報!

<Instagram>

チェックアウト機能がアップデート!

日本でも昨年6月に導入された購入機能がアップデートされます。

外部ECサイトに遷移せずインスタ内で購入可能 アメリカで先行開始が行われています。

参照:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-19/POMAZA6JIJUT01

 

ストーリーズに「寄付ステッカー」 年内導入へ!

参照:https://forbesjapan.com/articles/detail/25702

両機能ともInstagramに決済情報を登録することになり、ますます生活に直接つながるアプリとなります。

キャッシュレス化が進む現代、寄付も気軽にできるようになるのが嬉しいですよね。

 

<Twitter>

年齢制限にひっかかるとアカウント凍結の可能性。

アカウントの設定を自社キャラクターの生年月日や創業年などに設定した場合、

13歳以下だとアカウントが一発凍結される可能性があります。

もちろん、凍結解除はできますが、審査などの関係で1日~3日、アカウントが使えなくなるというロスが発生します。

だからといって、中の人の実年齢を入れるのも気が引けますが、その辺は担当者内で忖度しながら13歳以下にならないように

気を付けてくださいね!

設定年齢は非表示にすることも可能です。

キャラクター年齢、創業年などを表記したい場合はプロフィール欄に記載するのが良いかと思います。

 

カメラ機能が新しくなりました!

「まだ使ってない」という人は、アプリを立ち上げ、ホーム画面を左にスワイプしてみてください。

Instagramのストーリーズのような操作感で、タップで写真を、長押しで動画を手軽に撮ることができます。

さらには画像にテキストを重ねたり、ツイートの背景色を変えたりといったこともアレンジが可能です。

実際に触ってみるとリアルタイム感が「とても楽しい♪」と感じるはず!

 

Twitterがこの機能を追加した理由としては…。

◎Twitterカメラへワンタップでのアクセスの手軽さ:

アプリを開いてホームタイムラインで左にスワイプすれば即時にTwitterカメラが起動します。

このように瞬時に写真を撮って瞬時にツイート。今!という熱量を逃がしません。

◎ツイートを逃してほしくない相手に確実に届けたい!:

イベントに参加し、Twitterカメラの位置情報をオンにすれば、Twitterカメラで関連のあるハッシュタグや位置情報が

提案されるようになります。

商品の写真や動画を撮って、すぐにお店の位置情報をつけてツイートすることで、情報の発信も受け取りも早くできます。

リアルイベントや、即売会などにも良いかもしれませんね。

アップデートされたTwitterカメラで撮影する写真や動画はより大きく表示され、没入的になります。

この機能が実装されてから、タイムライン上に通常よりも大きく表示される投稿を見て違和感を覚えた人も多いと思います。

写真や動画は会話のきっかけになることが多いので、会話の流れがわかりやすくなるよう視認性を意識したつくりになっています。

 

テキストよりも写真や動画が占める割合が増えることでInstagramの写真や動画に特化した部分と、Twitterのコアなファンが本音をつぶやきやすい部分との融合が可能なのではないだろう  か…!と思います。

早く認知が広がり定着することで、「良いとこ取り」ができるようになることを期待しています!

 

スレッドの購読機能を開発中!

内容としては、スレッドの右上にボタンが追加され、それをクリックすると、スレッドにツイートが追加された際に通知を受け取れる

というもの。Twitterも公式に開発中であることを認めています。

 

いまのところ詳細はまだ不明。

この機能がリリースされる時期や、機能が見つかっているAndroid以外にも展開されるのかなども明らかにはなっていません。

会話に加わらず、いいねをしなくてもスレッドを追えるので、有名人の会話や、大きな話題があるときなどに便利そうです。

ブックマーク機能でも代替できそうですが、通知の有無が大きな違いかと思います。

逆に購読機能をブックマークやモーメントの代わりに使うこともできそうですよね。

自社アカウントを購読してもらい、会話の主に購読が分かる機能が実走されたら、数字で測る指標のひとつとしても役立ちそうです。

そしてエンゲージメントの向上にも一役買ってくれそう…と期待せざるを得ません。(ワクワク…!)

 

 

今月は、Instagramのハッシュタグや新機能について書いてみました。

どんどん便利な機能が追加されることで、ユーザーには楽しいSNSライフを!企業には有効な市場を!開拓していけたら良いなぁと思います。

 

というわけで、今月のBOKURA通信はいかがでしたでしょうか?

BOKURAはSNSに限らず多方面にわたって、ありがとう!と嬉しい!の声を集めています。

ご質問、お問い合わせがございましたら「こちら」からお気軽にどうぞ!

また来月もお楽しみに♪

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人