【宍戸note】ファン化ピラミッド

どうも
BOKURAししどです
さて、今日は、ファン化ピラミッド…というテーマで綴っていきたいと思います。

は?

何のこっちゃ?

…って感じですよね。

先ほどこんなツイートをしてみました

元ネタは、

ラーニングピラミッドという、学習定着率を促す手法を図で表したピラミッドです。

講義を受けただけでは、学習内容は5%しか定着しない。
グループ討論すると、学習内容は50%定着する。
他の人に教えてみると、学習内容は90%定着する。

…みたいな感じですね!

アメトーークの勉強大好き芸人でも

家に帰って先生役をやってみる!…みたいな勉強法を紹介してたから結構しっくりきた!

画像1

これ、面白いのが、

〇〇な行動をすると(されると)、自分の中の脳が切り替わっていく

…ってことだと思うんです。

昔、研修講師に、

『人は人によってしか変わらない』

…って教わったことがあって、まさにこれだな、と。

ぼくは毎年、色んな企業の従業員やスポーツチームのアスリートに対して、ファン創りのセミナーをしています。今回のアンケートをもとに、

『実際、こんなことをするとファン化が進むよ!』

『こんなことするとめちゃくちゃファンが喜んでくれるよ!』

…というある種、神対応のマニュアルを創ってやろうと思ってます!

是非ご協力を!!!

※Twitterへの返信やDMでも良いですし、このnoteへコメントくれる形でも構いません!

 

今日は以上です!
ししど

 

 

 

よろしければTwitterのフォローを!(起業家、経営者としての日々の悩みや、スポーツチームのファンとしての想いなどをつぶやいています)

 

 

 

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人