[BOKURA通信2019年5月号]「Instagramの「検索」タブに「ストーリー」も表示へ」「フェイスブックを支えるインスタグラムの躍進」他SNSニュースも紹介!

2019年5月の「BOKURA通信」
今月の担当、GOです。

今回はSNSの最新サービスや、SNS関連の最新ニュースについてまとめてみました。

 

▸Instagramの「検索」タブに「ストーリー」も表示へ

「発見」タブ(虫メガネアイコンのタブ)に近々「ストーリー」も表示されるようになるそうです。
現状はフォローしているアカウントのストーリーが画面上部に表示されるだけなので、今後ますます「ストーリー」の活性化に繋がる可能性はありますね。

参照:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/17/news078.html

 

フェイスブックを支えるインスタグラムの躍進

あるアナリストによれば「2019年はフェイスブックの売上高の半分をインスタグラムがもたらす」と予想しています。
BOKURA通信2月号でも触れた通り、既に日本国内においてはインスタのアクティブユーザーがフェイスブックを上回っており、このままフェイスブックの立ち位置を見出せないままだと、今後ますますインスタ増・フェイスブック減の流れが進むかもしれませんね。

参照:https://jp.reuters.com/article/instagram-facebook-breakingviews-idJPKCN1S10TJ

 

▸Instagramのショッピング機能、インフルエンサーの投稿内でも利用可能に

インフルエンサー自身が投稿内で身に着けている商品に、ショッピングタグを利用できるようになるようです。
現在は試験運用のようですが、BOKURA通信3月号でも触れたチェックアウト(決済)機能も導入されるようになると、「インスタで有名な○○さんが着てるのをインスタで購入!」といった時代がやってくるかも、ですね。

参照:https://markezine.jp/article/detail/31013

 

▸Facebookがソーシャルグラフを一新し「新しい友だち」重視へ

今までは既知の仲間とつながりを持つためのSNSだったFacebookに新たな風が。「Meet New Friends(新しい友達と出会う)」では、共通のコミュニティーで知り合いを増やしたいと思っている他のユーザーとつながることができるようになるようです。
Facebookの新たな活用法になるか、今後に期待したいところですね。

参照:https://jp.techcrunch.com/2019/05/03/2019-04-30-facebook-meet-new-friends/

 

▸フェイスブック 限定カフェの狙い 情報流出に揺れる中

フェイスブック ジャパンが、FacebookやInstagramを安心、安全に使うための知識を楽しく学べることを目的に「Facebook Cafe」を期間限定でオープン。
「店の内装から食事まで、インスタ映えを意識した」そうです。

【日本初!Facebookのポップアップカフェが東京・原宿に登場!】日本で初めてとなるFacebookのポップアップカフェ「Facebook…

フェイスブックさんの投稿 2019年5月10日金曜日

 

参照:https://www.fnn.jp/posts/00417844CX

参照:https://www.facebook.com/FacebookJapan/posts/10156807849704024

 

▸ツイッター公式アカウント閉鎖騒動で考える、企業と個人の境界線

企業公式アカウントと言いながらも『中の人』の属人的な運用方法にファンが集まり、その方の異動や退職とともに公式アカウントが運用停止や閉鎖になるようなケースが出てきています。
その企業のファンからすると『中の人』からの継続的な発信を求めているので、停止や閉鎖となった場合「ファン離れ」に繋がりかねません。
ファンとのコミュニケーションを継続的に行っていくため、SNSの運用方針を組織でしっかり固めて、『中の人』の担当変更に備えておく必要がありますね。

参照:https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20190509-00125419/

 

「最新のSNSの動向を踏まえた運用がしたい」「SNSの運用方針をしっかり固めたい」
けれどなかなか社内だけでは…とお困りのご担当者様。お気軽にBOKURAへお問い合わせ下さい!

 

それでは来月もお楽しみに😊

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人