[BOKURA通信2019年6月号]「神対応支援会社が神対応を受けた話」「Twitterを使いこなそう!」「Twitter新機能情報!」

2019年6月の「BOKURA通信」。

毎月のトレンドやトピックなど自由気ままにお届けしてまいります。

今月は、mayuが担当しますよ~(*´▽`*)よろしくお願いします!

 

SNS最新情報に加えて、私が実際に神対応を受けた話の共有です。

 

■Twitterを使いこなそう!

もうすでにご存知かもしれませんが、気になるTwitterの機能・便利ツールをピックアップしました!

 

▼リプライが2種類ある!?

ご存知でしたか?

あの有名な企業アカウントであるSHARPさんが発信していたので知ってる!

という方もいるかもしれません。

こちらが一連の流れをまとめたもの。

 

“見せリプ”がいいのか、今まで通りのリプライがいいのか。。。

まとめを見る限りでは、

自分がフォローしていないアカウントへのリプライは表示されたくない!

見せリプ自粛しよう

という声が多いですね。

リプライ返してるよ~!というアピールをしたい時には“見せリプ”の方が有効かもしれません。

企業アカウントを運用したり、多くのフォロワーを抱えている方はちょっと気にしてみてはいかがでしょうか。

 

▼リツイートの次のツイートを見てみよう

ツイートがリツイートされると、嬉し恥ずかしですよね。

リツイートしてくれた人の次のつぶやき、気になりませんか?私はめっちゃ気になります(/・ω・)/

リツイート数が少なければプロフィールに飛んでその人のタイムラインを覗けますが、何十・何百と数が増えていくと追えなくなりますよね。

そんな時、リツイートの次のツイートがまるっと見えちゃうサービスがあるんです。

その名も、「リツイート直後のツイートを表示するやつ」 

自分のツイートでなくても読み込めるので、バズったツイートの次の反応を覗くのも面白いかもしれません◎

※あくまで外部webサービスなので、使用は各自の裁量でお願いしますね!

 

■Twitter新機能情報!

▼「コメントを付けてリツイート」に画像を追加

2019年5月7日、Twitterは「コメントを付けてリツイート」をする際に画像・GIFを添付できるようにアップデートしたと発表しました。

実際にやってみた!

可愛い猫ちゃんでしょう。野良猫を激写しました。

猫と言えば、BOKURA通信3月号“投稿に「猫」を絡ませるといいね!が多く付く傾向にある”と話題に出しています。

Twitter Japanがどういう意図で猫のGIFを添付したのかは不明ですが、猫が人の目を惹くことは間違いないのではないでしょうか。

Twitter Japanの投稿はコチラ

 

引用リツイートに画像をつけてツイートすることで、表現の幅が広がりますね。

例えば、自社商品について疑問点をつぶやいている人がいたら、「それは〇〇ですよ~!」と画像を添えて引用リツイートしたらどうでしょう。

その人に対しても自分のフォロワーに対しても情報を発信できて、ダブルでお得だと思いませんか?

個人でも企業でも、どんどん活用していきたい機能です!

 

■神対応を受けた話

▼とある飲食店の神対応に感激!

先日、Uber Eatsでランチを頼んだんです。

配達で頼むのは2回目。前回と同じように「ソースを多くしてほしい」というリクエストを添えていました。

そしたら届いた商品の包み紙にこのようなメッセージが!

 

“ソース、別でもご用意したのでよろしければお使い下さい。いつもありがとうございます”

 

▲実際のメッセージの写真

 

「えぇぇ~~~!!!す、好きだ~~~~~!!!!これが神対応か~~~!!!」

ってなりました。

元々実店舗にも月1くらいで行くほど好きなのですが、神対応を受けたことでなおさら好きになりました。

さらになんですが、こういった体験って人に言いたくなるんですよね。

私は即、SNSで拡散した上、このお店を知っている人にクチコミで広めちゃいました!

 

まさに、神対応でコアファンを作るという理想を体験しましたし、

BOKURAが目指しているものはこれだ!という確固たる自信になりました。

 

ここまでは出来ないよ…という場合でも、ほんのちょっとでいいんです。

ちょっとした気遣い、それが神対応に繋がる道筋なのではないでしょうか。

という、嬉しい実体験でした。

 

 

BOKURAでは様々なファンを作るお手伝い・神対応支援をしています!

ご質問、お問い合わせがございましたら「こちら」からお気軽にどうぞ!

来月もお楽しみに!

 

この記事いいな!と思ったらシェアお願いします(*´ω`)ノ

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人