【アスリートのファン創り支援~山本柊輔選手のオフィシャルファンサイト開設~のお知らせ】

株式会社BOKURA(かぶしきがいしゃボクラ 本社東京都渋谷区、代表取締役 宍戸崇裕)は、

企業やブランドのファン創り支援300社、スポーツチームのファン創り支援17チームに加えてアスリートのファン創り支援も始めました。

第一号は、プロバスケットボールプレーヤーの山本柊輔選手です。

本日12月6日(金)より、山本柊輔選手のオフィシャルファンサイト(https://shusuke-yamamoto.jp/)もオープンいたします。

 

▼山本柊輔選手のオフィシャルファンサイト

https://shusuke-yamamoto.jp/

[制作協力]

Ascenders株式会社

 

■山本柊輔選手ご紹介

[ファンサイトより抜粋]

小中高と全国大会経験なし。高校2年時にチェコで行われたユーロバスケットボールキャンプに参加。そこで富樫勇樹と出会い、高いレベルでプレーする事を渇望するようになる。

その後、一般受験で筑波大学へ。

Bチームから這い上がり、3年時にAチームへ昇格して活躍。インカレ2連覇を達成。

トライアウトを経て、B2山形ワイヴァンズへ入団し2年半プレーした。

2018年シーズンB1レバンガ北海道へ加入し、シーズン終盤にブレイク。

崖っぷちだったチームのB1残留に貢献した。

2019年シーズンは海外挑戦後、アルバルク東京へ加入。

 

■山本柊輔選手よりコメント

Bリーグアルバルク東京でプレーする山本柊輔です。この度オフィシャルファンサイトをオープンする事になりました。

2018-19シーズン終了後、縁があってBOKURAのオフィスで宍戸さんとお話しをする機会があり、今までにない形でスポーツ界を盛り上げていってるBOKURAの話を聞いて本当にワクワクしました。

あれから「ファンの方とお互いにとってより良い形で繋がれるようになりたい」と強く思うようになったので、今回このような形でサポートして頂けることに本当に感謝しています。

プロのバスケットボール選手になってから、少し前の自分には想像もできなかった出来事を日々経験しています。

トップ選手達と凌ぎを削りながら充実感を覚える日もあれば、中々うまくいかない葛藤の日々が続く時もあります。 そんな時にいつだって力になるのは応援してくださるファンの皆さんの声援です。

『山本選手が頑張る姿を見て、私も頑張ろうと思いました』という言葉を頂けた時が僕自身1番力になります。

これから先も僕は自分の可能性に挑戦し続けていきます。その過程で少しでも多くの方に自分を知ってもらい、一緒に活力を分かち合うことができたら嬉しいです。

引き続き応援よろしくお願いします。

 

■株式会社BOKURA代表取締役社長 宍戸崇裕よりコメント

彼を初めて見たのは2018-19シーズンのレバンガ北海道、北海きたえーるでのホーム最終戦でした。

決して高くない身長で、ペイントエリア内への果敢なアタックや、そこから繰り出されるパスセンス、コート上でのリーダーシップなど、完全に魅了されました。

その後、ある引き合わせによりBOKURA社内で面談をした際、彼のこれまでの生き方、将来のビジョンなどを聞く中で、『山本柊輔の人生の支援をしたい』と強く感じたのを今でも鮮明に思い出します。

BOKURAのファン創りとして、アスリートのファン創り第1弾としては彼しかいないと考え、支援させて頂くことになりました。

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人