“共感”のチカラでファンがファンを生む YouTube動画によるブランディング支援サービスを開始

SNSを活用したファンマーケティング支援をおこなう株式会社BOKURA(本社:東京都渋谷区 代表取締役:宍戸崇裕、以下弊社)は、動画を活用した企業やスポーツチームのファン創り支援サービス 「FAN VOICE(ファンボイス)」を2020年1月10日(金)より開始します。

お問い合わせフォームはこちら

 

※イメージ動画※

FAN VOICE(ファンボイス)の特徴

【企画〜編集〜SNSを活用した運用】

YouTubeや各種SNS公式アカウント開設支援にはじまり、動画の企画、撮影、編集、SNSへの公開や動画についたコメント対応(Look For Fan)まで一貫してサポートを行います。

【ファンを活用した”共感”動画コンテンツ】

本サービスの特徴は、単なる企業サイドからのPRにとどまらず、その製品やサービスの熱心なファンを巻き込んだコンテンツ作りを行う点にあります。

【KPIはフォロワー数ではなく”ファン数”】

いまのネットユーザーは広告やステルスマーケティングに慣れ、表層的な情報を的確に見抜きスルーする傾向にあります。そのような中で、商品やサービスを愛用する“真のファン”から熱量の高いメッセージを発信することにより、視聴者の心に届き共感を呼び、ファンがファンを生みます。

弊社の制作するファンメッセージ動画においては、フォロワーへの拡散を狙ったインフルエンサーの起用はせず、本当にその製品やサービスを愛用している方に出演していただき、リアルなファンの声を多くの人に届けます。

導入後の展開について

このたび新たに開始する動画サービスでは、

  • BtoB
  • BtoC
  • スポーツチーム

3つの領域でその企業・団体や商材に合った、コンテンツを制作、提供していきます。

  • 採用広報に活用可能な、社長インタビューや社員インタビュー
  • 商品やサービスを愛用するファンに、日頃の使用法や愛用ポイント
  • テキストコンテンツでは伝わりにくい選手の熱い想いを発信

動画公開先は主にYouTubeを想定していますが、InstagramやTwitter、Facebook、TikTokなどのSNSでも30秒以下の短尺動画の活用を予定しています。

料金、導入までの流れ

【料金】

詳しくは、お問い合わせフォームよりご相談ください。

【導入までの流れ】

弊社サイトの問合わせフォーム(http://bokura.biz/contact/)より受け付けます。
※お問い合わせ、お申し込みいただきましたお客様に弊社担当より連絡させていただきます。

BOKURAのサービス

  1. 1潜在層に接触、認知してもらう。
  2. 2ブランドを好意的に利用してくれているファンを発見。
  3. 3ブランドを体験し、好印象をもち、ブランドの為に能動的に動いてくれるユーザーに育成。
  4. 4ファンが発信した情報を自社コンテンツとして利用
    ブランド好意度の高いユーザーをコンテンツ化していく。 WEB上で双方向のコミュニケーションを形成していけるファンコンテンツを作成。

SNSマーケティング支援、Web集客、ファンベース施策などでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。

BOKURAと働く

「働く」を面白く

徹底的にユーザ目線で、ブランドと消費者の距離を縮めるための支援をしたい人